GT-R中古車購入 保証書のあれこれ


日産GT-Rを中古で購入した時、保証書は付いていたでしょうか?
保証書はそのまま手元に置いておいてもただの紙切れです。ではどうしたらいいのでしょうか?
ここでは、付属の保証書についていろいろ書いていきます。

出典:http://www.photo-ac.com/

日産GT-Rの中古車購入における保証書のあれこれ

新車保証書の継承に注意

GT-Rの中古車には、大きく分けて、「一般的な中古車」と「日産認定中古車」があります。
「一般的な中古車」と言うのは、販売店で売っているものだけでなく、オークションで販売や個人売買されているものも含まれます。
このようなルートでGT-Rを購入する際は、「新車保証書」を確認するようにしましょう。

新車保証書は、保障期間内であれば、車両オーナーが変更された場合でも保証書の名義変更することで継承できます。

新車保証の継承はNHPC(日産ハイパフォーマンスセンター)での点検整備が必須となります。 1

「新車」と言うくらいだから、新車を買わないと「新車保証」は付かないと思うのではないでしょうか?
安心してください。中古車でも「新車保証」は付きます。 2

保証の切れたGT-Rの中古車を買うときの注意

現在初期型のGT-Rは新車保証がすでに切れています。今後も保証切れになった車両が数多く出回ることが予想されます。
新車保証がすでに切れてしまっている車種を購入する際、販売店保証の有無を確認しましょう。 3

最近はメーカー系ディーラーを含む中古車販売店で、独自の手厚い保証プランやアフターサービスを用意しているところが増えてきています。
保証条件や内容は販売店によって異なるため、販売店に直接問い合わせる必要があります。最近は、ある程度の期間、無料でメンテナンスを行なってくれるところも増えてきています。保証期間や保証してくれる部位について安心できる保証内容を提示してくれている中古車販売店の車を選ぶようにしましょう。 4

そもそも保証切れたGT-Rは何がいけないのか?

修理する際に、部品代や修理費用がかかるという問題が起こります。
修理箇所にもよりますが、エンジン、ミッション、アセンブリーなど丸ごと交換となれば、数百万単位での出費は覚悟しておいたほうが良いです。 5

このように、保証書があるとないでは、後の修理やメンテナンスにおいてかかる費用が雲泥の差になります。中古車だからこそしっかり確認していただきたいと思います。