GT-R中古車購入 修復歴に注意を!


GT-Rの中古車を購入する際、「修復歴あり」と資料に書かれているのを見たことはありませんか?

修復歴(しゅうふくれき)とは、過去に交通事故その他の災害などにより、自動車の車体の骨格部位を損傷し、「修正」あるいは「交換」により修復したことをいう。 1

そんな車がちゃんと動くのでしょうか?買ってすぐ故障しないでしょうか?
中古車を購入するに当たり、いろいろな不安を解消するために、「修復歴」についてまとめてみました。

出典:http://www.photo-ac.com/

修復歴がある中古車は安い?

「修復歴あり」と資料に記載されていれば、中古車査定額は、ぐんと安くなります。
修復歴が付くのは、結構大掛かりな修復、または交換がなされたものなので、人によっては敬遠し、好き好んで買う人も少ないので安くで販売されます。

どこを修復したら修復歴が付くの?

上記で述べたように、修復歴のある車が安くで売られているなら、当然、修復歴のある車を売る人は、それより安くで売却することになると思います。少しでも高く買い取って欲しいのに、それは困りますよね。
では、修復歴が付くのは、どの部位を修復したら付くのでしょうか?
一般財団法人日本自動車査定協会(日査協・JAAI)で、公的な基準がありますのでご紹介いたします。

    (1)から(8)の骨格部位に損傷があるもの又は修復されているものは修復歴となります。
    但し、ネジ止め部位(部分)は骨格にはなりません。

    1. フレーム(サイドメンバー)
    2. クロスメンバー
    3. インサイドパネル
    4. ピラー
    5. ダッシュパネル
    6. ルーフパネル
    7. フロア
    8. トランクフロア

    2

車を損傷した時は気を付けてください。
また、中古車を購入される方は、上記の部位に修復歴が見られる場合は、事故した車であることが多いので、どれだけ魅力的な販売価格であっても購入する際は、慎重に選びましょう。

修復歴があっても大丈夫?

修復歴があっても大丈夫かどうかですが、ここまで読み進めてきた方ならお分かりでしょう。
修復歴は「どこをどの程度修理しているか」が重要になってきます。上記で上げた骨格部位の修復でなければ購入を検討しても良いのではないでしょうか?
それでも安く購入したいという方も修理費等が嵩んで結局初期費用を抑えても結局高くなるかもしれないということを考慮しつつ検討してみてください。