GT-R中古 R34とR35どっちがいいの?


GT-Rの中古車を購入する時、「日産スカイラインGT−R R34と日産GT−R R35どちらを購入するべきか悩む」と言う話をよく耳にします。ここでは、GT-R R34とR35どちらが良いのか、いろいろな視点から調査しました。

出典:http://www.photo-ac.com/

日産スカイラインの完成形態『R34』

「人に翼を。」と言うキャッチコピーを掲げた、日産スカイラインGT−R R34。 1 1,000台が即日完売という大人気車種でしたが、排ガス規制の影響で2002年に生産終了となりました。これ以降、スカイラインGT-Rと言う名称で販売されることはなく、まさにR34が日産スカイラインの完成形態となりました。

さらに進化する可能性を秘めた『R35』

R34販売終了後、2007年に生産が開始されたのが日産GT−R R35です。ツインターボエンジンの搭載や独立型トランスアクスル4WDというような、世界初の全く新しいチャレンジスペックで生まれ変わりました。

R34とR35の違い

走行性能を比較

R34
直列6気筒ガソリンエンジンを搭載しており、最高出力280ps/6,800rpm、最大トルク40.0Kg・m/4,400rpmと性能の高いエンジンを採用

R35
V型6気筒ガソリンエンジン「VR38DETT」を搭載しており、最大出力480ps/6,400rpm、最大トルク60,0kg・m/3,200-5,200rpmです。

2

ゆえにR35のエンジン性能が上回るため走行性能は、R35が良いということが分かります。

燃費性能比較

カタログ燃費 実燃費
R34(10・15モード) 8.1km/L 4.2km/L~7.9km/L
R35(JC08モード) 8.6km/L~8.8km/L 6.4km/L~7.0km/L
3

両車共に、カタログ燃費と実燃費の数字が大幅に下回る結果となっています。
R34の場合は、街乗り走行で4.2km/L、高速走行で7.9km/L、燃費性能はあまり良くありません。
R35の場合は、街乗り走行で6.4km/L、高速走行で7.0km/Lとなります。ただし、これらのデータはスポーツ走行を含みません。

故に、街乗り走行だけなら『R34』。高速走行なら『R35』と使用用途によって購入を考えるべき結果となりました。

人気車種はどれ?

人気車種は『R34』です。 4 最高の希少価値を誇ります。程度の良いものだと700~800万円となるものも多いそうです。 5

維持費について

R34:年間で約50~75万円。R35:年間で約60~100万円。

R34はどうしても古い車種なので部品交換が必須なのでそこそこ費用が掛かるようです。
また、R35も普段乗りするならタイヤが摩耗するため交換を考えて乗らなければいけません。
維持費については、どちらも代わり映えのしない価格となりましたが、やはり高級車であることを念頭に置きそれなりに維持費がかかります。

以上から両車ともに甲乙つけがたい結果となりましたが、最終的には実際に乗ってみての判断やデザインのかっこ良さなどから購入を決めるようです。