GT-R買取 中古自動車査定士が教える秘訣


中古自動車査定士と言うのはご存知でしょうか?簡単に言うと日本自動車査定協会が認めた資格を有した人のことをそう呼びます。今回は、中古自動車査定士による高価で買取してもらえる秘訣をご紹介いたします。

出典:http://www.photo-ac.com/

中古車自動車査定士とはどんな資格?

「中古自動車査定士」を取得するためには、日本自動車査定協会によって年に2回行われている「中古自動車査定士技能検定」に合格しなければなりません。これは国家試験ではなく、日本自動車査定協会が実施する民間資格です。
受験のためには、普通自動車運転免許か大型第一種運転免許を所有していなければなりません。
また、半年以上の車の販売か整備の実務経験が必須です
さらに、日本自動車査定協会が実施している3日間にわたる講習を事前に受講しなくてはいけません。 1

試験内容とは?

「中古自動車査定士技能検定」の学科試験の内容です。

中古自動車査定制度

    1. 中古自動車査定基準、同細則及び加減点基準
    2. 自動車の構造、機能及び取扱い
    3. 保安基準、その他自動車に関する法規
    4. その他査定に関する事項

「中古自動車査定士技能検定」の合格率は85%程度で、3日間にわたる講習をしっかりと受けていれば、問題なく解答できると言われています。 2

資格がないと査定はできないのか?

資格がなくても査定をすることは可能です。そのため、すべての買取業者がこの資格を有しているわけではありません。ただし、中古自動車査定士を知ってしまった人は、この資格のない人に査定してもらうことに抵抗があると思います。 3

中古自動車査定士による高価で買取してもらうためのワンポイントアドバイス

時期は1~3月か9~10月が高く売れる

高く売りたいのなら、1年の中でも1~3月か9~10月がおすすめです。理由は簡単で、この時期は新車、中古車を問わず車を買う人が多い時期です。特に3月は、進学や就職、異動の時期でもあるため、車を買う人が多いです。 4

走行距離や車検のタイミングで乗り換える

中古車の市場価値は日々下がっていくので、売却は一日でも早い方が高値で買い取ってもらえます。車検のせいで車を売るのが遅くなるくらいなら、車検前に早く売ってしまった方がお得です。

次に、走行距離ですが、5万kmまたは、10万kmを超えたタイミングで買取金額が下がることが多いので、この大台に乗る前に査定を受けて手放すべきかと思います。 5

コミュニケーションの重要性

ただの価格比較のためだけに使われるのではなく、本当に売ってくれると分かれば、査定業者もギリギリまで査定を上げてくれると思います。

要は、あなたの本気を伝えましょう。

そのためには、手放したい理由や手放したい時期、どれくらいの金額を求めているのか、など伝えると良いと思います。さらに、そのまま手放せる状態で車を持ち込んだり、必要な書類を持参してお店に行ったりすると査定業者に好印象を受けると思います。 6