GT-R買取 日産GT-RとスカイラインGT-Rとの違いは?


GT-Rの車名は、「日産GT-R」と「スカイラインGT-R」があります。
これらは、同じGT-Rだと思われますが、メーカーが違うのでしょうか?
ここでは、「日産GT-R」と「スカイラインGT-R」の違いについてまとめて行きたいと思います。

出典:http://www.photo-ac.com/

スカイラインGT-Rと日産GT-Rの関係について

「スカイラインGT-R」と「日産GT-R」の関係について見て行きましょう。
結論から言うと、どちらも日産から販売しています。
もともとGT-Rは、「スカイラインGT-R」と呼ばれていたようです。これが、型式R34までの話で、R35に移行する時、新型GT-Rとして「日産GT-R」なりました。これにより、「スカイラインGT-R」はなくなりました。
ただし、スカイラインシリーズは、完全に無くなったのかと言うと「スカイラインセダン V35」「スカイラインセダン V36」と言う車名で生き残りました。 1

どうして名前を変える必要があったのか?

日産の伝統であるスカイラインGT-Rの名前をどうして変えてしまったのか?
みなさん疑問に思うところでしょう。この方針を打ち立てたのは、カルロス・ゴーンです。
この方針を発表した時、大顰蹙を買ったそうです。でも、その方針を変えなかったのは、理由がありました。
当時、日産は売り上げが混迷していて、それを打開するには、古い経営体質を変えるしかないと、カルロス・ゴーンは思いました。その活動の一環として「スカイラインGT-R」を廃止しました。
後日、新型GT-R、「日産GT-R」の発表の時、カルロス・ゴーンはこう述べています。

「往年の日産ファンたちが想いを寄せる「GT-R」という3つのアルファベットには特別な力がある、それを消すのは日産の最大の強み、財産を消すことにほかならない」

カルロス・ゴーンは、スカイラインのベースに縛られることで世界と渡り合えるだけのスポーツカーはできないと思ったようです。これが、名前を変えてまでやりたかったことです。すべては日産を混迷から脱却させることが目的だったんですね。 2